2009年8月5日(水)

梅雨明けした大阪は、今日も朝から暑くてセミの鳴き声が響いています。
元気いっぱいのmamanonキッズたちは、暑さをものともせず、笑顔で楽しそうにはしゃいでいました。

今日は、明日の萱野小学校の依頼演奏に向けての練習をしました。

まず、はじめにMちゃんから、練習中の子供たちの安全についての話がありました。
年齢も様々な子供たちが、狭い空間で一緒にいると、いろいろ問題も出てきますね。
ママたちが、その問題にしっかりと向き合って、お互い気をつけて協力しあっていくことで
解決していくと思います。
ママたちが、このことを頭に入れて行動していたからか、今日は特に子供たちの間でのトラブルもなく、泣き声やもめる声もあまり聞こえてきませんでした。
ボランティアのお姉さんもいて、子供たちもそれほど多くなかったからかもしれませんが・・・。

そこで、今日はいつもと演奏形態を変え、ピアノを背に入口を向いて、扇形になって演奏しました。
ママと入口との間にいつもより広い空間ができ、子供たちの遊ぶスペースになりました。
今日は参加者が多くなかったのと、ドラムがなかったので、かなり広く感じました。
個人的には、この形だと、子供たちの脱走がすぐわかって安心です!

さて、練習したのは、
「世界にひとつだけの花」
「風になりたい」  の2曲でした。

今日はドラムがいなかったので、リズムをつかむのが大変です。
「世界にひとつだけの花」は、メロディがおもーくなってしまうので、テンポよく吹きましょう。
最後の1小節ですが、フェルマータに入る時に、フルートMちゃんが合図を出します。
終わる時にも合図を出すので、みなさんMちゃんの動きに注目して、
明日の本番では、しっかり合わせてきれいに曲を終わらせましょう。

その後は、「風になりたい」の初めの部分が、なかなか合わずに苦労しました。
音の入りを、ほわほわーっとならずピタッときれいに合わせて入ろうと、
何度もドラムの代わりに、手拍子で練習したりしました。
この曲は、みんながサンバのリズムにのって、どんどんはじけて、楽しく演奏していきましょう!

明日も暑くなりそうですが、聞いてくれる生徒さんたちが楽しんでくれるように、
私たちも楽しんで演奏しましょう!!



★本日の参加者★
フルート 3名  クラリネット 3名 サックス 2名
トランペット 1名 ホルン 1名 トロンボーン 1名
パーカッション 1名 

ボランティアのお姉さん 1名 夏バテ知らずな子供たち 15名
[PR]
by mamanon_mino | 2009-08-05 13:53 | 練習日記